メリットやデメリットとは?ドライバー求人に応募する前に知っておきたいこと


ドライバーの仕事内容とは?

ドライバーの仕事は車を運転することですが、さまざまな業種があります。例えば、トラックドライバーは荷物の配送や引越し作業・宅配業務などをすることが多いです。タクシードライバーやバスドライバーなど、人間を乗せるドライバーもいます。それぞれの職種によって、勤務する時間や場所・必要な免許の種類が異なり、求人に応募する前には確認することが大切です。

ドライバーのメリットとは?

ドライバーのメリットは、交通情報や地理などに詳しくなることです。決まったルートを走る場合もありますが、道や店舗など、さまざまなことに詳しくなれます。また、1人で運転して作業をする場合が多く、対人とのコミュニケーションによるストレスも少ないです。働く時間や資格によっては、手当がつく企業もあり、月収が高い人もいます。運転技術も高くなり、車やドライブが好きな人にはメリットが多いでしょう。さらに、ドライバーの仕事は今後も需要が高いとされています。普通免許だけでもドライバーの仕事は可能ですが、免許の種類を増やしておくと、仕事の幅が広がりやすいです。

ドライバーのデメリットとは?

ドライバーのデメリットは、同じ作業の繰り返しになることです。毎日、同じルートで運転をしていると、飽きやすい人は苦痛になります。また、同じ体勢で運転をするため、腰痛や肩こり・眼精疲労になってしまう人も多いです。よって、適度に休憩やストレッチをしながら運転をするといいでしょう。さらに、土日出勤や夜勤がある場合も多く、生活リズムが一定にならないのはデメリットです。

仕事は経験をすることでスキルアップにつながりますが、福岡のドライバーの求人は、未経験者のものが多いので、初心者でも働けます。