就職した後で後悔しないために!求人情報は確認を


希望ははっきりさせて求人はしっかり選ぶ

就職することができるならばどこでもよいと考えている人がいますが、そのような人は求人情報のに惑わされてしまいます。まずは、希望する職種を決めることから始めることが必要です。希望職種がないならば、働くうえでの給与や勤務体制の希望をはっきりさせるとよいでしょう。

こんな求人に惑わされない

求人情報は良い人材を確保するために、できるだけ良い条件に見えるように記載するものです。そのため、内容を誤解して求人情報からイメージした職場と実際の職場とでは乖離がある場合もあるので、求人票の言葉の意味をしっかりと理解することが必要となります。求人情報に書かれていた仕事内容が実態とは異なり、やりたい仕事ができなかったといったことをはじめ、社員登用制はあるが実際には10年に一度程度しか実施されていないなどといったこともあります。これらに惑わされないようにすることが重要です。

見学やエージェントで会社の雰囲気を知る

求人情報の情報に惑わされないためには、応募先の会社を自分の目で見たり、エージェントなどの信頼できる人に尋ねたりすることが必要です。面接試験の際に会社の見学をしたいと希望してみるとよいでしょう。働く従業員の雰囲気や仕事の進み具合などを見れば、自分に合う職場なのかも確かめることができます。

仕事内容や実態を具体的に聞く

求人情報に書かれている情報は、断片的なものでしかありません。具体的にどのような仕事内容なのか、どの程度制度が実施されているのかは、直接訪ねることが必要といえるでしょう。具体的な仕事内容や仕事の手順などを聞き、自分の知識と矛盾がないか照らし合わせます。社員登用制があるのならば、どの程度の頻度で実施されているのか聞くのもよいです。

CADオペレーターとは、設計者やデザイナーの考えた形を、コンピュータ支援設計といわれるCADを使って図面などにする仕事です。