外資系転職で失敗をしないために就活中にやっておきたいこと


自分の過去のキャリアを生かせそうな職種を選ぼう

外資系転職で失敗をしないためには、就活中からそれぞれの企業の事業内容や各部署での従業員の働き方などをきちんと理解することが重要です。また、転職後に仕事上で前職とのギャップに悩まないためには、自分の過去のキャリアを生かすことができる職種を選択することがおすすめです。最近では、中途採用試験の際に、総合職以外にも企画職や経理職、事務職といった希望職種を選べる外資系企業の数が増えているため、早いうちから自分に向いている職種を見極めることが肝心です。なお、職種によっては海外転勤の可能性が高かったり、転職後すぐに責任のあるポストを任されたりすることもあるため、将来のキャリアプランを意識しながら転職活動を進めると良いでしょう。

外資系転職に強いエージェントにフォローしてもらおう

転職経験が少なく、求人サイトやアプリなどを利用して外資系転職をするのが難しいという人は、外資系転職に強いエージェントにフォローをしてもらうといった方法もあります。特に、営業職の経験が豊富な人や、英語を中心とした語学のスキルに自信がある人については、国内外に多数のオフィスを構えている外資系企業で重宝される傾向が見られます。そこで、転職をしてから自分の能力を発揮するうえで、エージェントのスタッフにアドバイスをもらいながら、中途採用者の人材活用に力を入れている企業の求人に応募をすることがおすすめです。また、エージェントによって扱っている外資系企業の求人数にバラつきがあるため、必要に応じて二つ以上のエージェントに会員登録をするのもおすすめです。

自由なスタイルで働くと、プライベートも充実します。外資系転職は正社員から派遣社員まで働き方が選べるので、自分なりに条件を設定することができます。