小さい会社で役員用の運転手を雇うにはどうする?


役員用の運転手はどう採用するか

大手の会社であれば、役員のための運転手がいてもおかしくありませんし、そういう会社は今でも結構あります。人件費にそれだけお金をかけることができれば、正社員として人を一人雇っても良いでしょう。一から社員を雇って教育して育てていくこともできるでしょう。人件費で余裕があればそのスタイルで問題ありませんが、どこの会社でも人件費にそんなにお金をかけられるわけではありません。お金はそれほどかけることはできないものの、何とか役員用の運転手を雇いたいと思っている会社は結構あるでしょう。

そんな時に利用してみたいのが運転手の派遣になります。運転手の派遣を依頼することで人を一人運転手として雇うことができますし、あえて運転手として教育する必要はありません。雇用したその日から即戦力として運転手業務を任せることができますので、とても心強い存在です。運転技術はもちろんのこと、役員に対する対応能力も高いものを持っています。

短期間でも長期間でも採用できます

役員用の運転手を派遣というスタイルで雇う場合は、大きく分けると2パターンの採用が可能です。まず一つ目はスポットとして短期間、必要な時だけ採用する方法です。一年を通して運転手は必要ないけれど、このタイミングだけは採用したいという時に利用しやすくなっています。また、その反対に長期に渡って運転手を雇いたい時は長期契約を結ぶことができます。その会社の方針に沿った形で契約できるようになっているのでとても便利です。

運転手の派遣では、派遣元の取り組みでその品質向上を図ります。派遣前の社内で徹底したマナー教育やおもてなしのこころの教育など、質の高いサービスができるように実施する企業も多々あります。