こんな方法もあった!秘書の派遣という働き方


秘書が派遣として働くためには

秘書が派遣として働くためには、まず派遣会社に登録をします。様々な職種を扱っていて秘書という職種も受け付けている会社に登録するか、秘書や会社受付など専門の職種のみを扱っている派遣会社を選んで登録をします。派遣会社の登録は基本的に無料で、登録者の経済的な負担はほとんどありません。秘書業務を希望することを担当者に伝えると、条件に合った求人や企業を紹介してくれる仕組みです。登録者の学歴や職歴、資格などを考慮して、ぴったりの派遣先を探してきてくれます。気になる求人があったら応募して、書類審査や面接をパスすると秘書としての派遣が決まります。

秘書が派遣として働くメリットとは?

秘書が派遣社員として働くメリットの一つに、仕事とプライベートの両立が楽になることです。正社員や契約社員だと週5日きっちり働くことも多いですが、派遣社員なら週3日や週4日など好きな分だけ勤務することも可能です。時間の融通が利くので家事や子育てと両立したり、将来のための勉強に時間を使うことが出来ます。さらに派遣社員なら正社員ではなかなか入社することが難しい企業に派遣されることもあり、一流企業で働くことも夢ではありません。一流企業だからこそ出来る経験をすることが出来たり、有名な人物の秘書になれるかもしれません。秘書としてのステップアップやキャリアアップに役立つのも、嬉しいポイントです。

派遣先との相性が悪くても、すぐに派遣先を変えられるのも派遣社員の良いところです。担当者に相談して新しい派遣先を紹介して貰ったり、同じ企業でも勤務地を変えて働いたりと柔軟に対応してくれます。

秘書の派遣は、スキルや知識があれば有利ですが、未経験者でも十分に出来る仕事です。それでも、人を支える重要な職務であることは間違いありません。責任ある仕事は働く意欲につながります。